ひとり親応援お弁当inさっぽろ

3ヶ月続いた一斉休校、その後の分散登校でも、3食の食事支度が続きました。

仕事を終え急いで帰り、ご飯支度をする生活。
食費の負担が増えて、普段から余裕のない家計が、更に大変厳しい状況に追い込まれています。

そんな中で、ひとり親家庭の親とお子さんを応援したいと、お声を掛けて頂きました。

手稲山の麓、フレンチレストラン「ジャルダン ポタジェ テラニシ」の寺西さん
ジャルダン・ポタジェとは、フランス語「家庭菜園」を意味するそうです。

美味しい野菜を使った、プロの料理。
なにより子ども達をお腹いっぱいに、そして笑顔になってほしい。

そんな思いから、今回の応援お弁当が実現しました。

ジャルダン・ポタジェテラニシ
フードクラフトリーアモワール
ミュージアムカフェぽらす
その他ボランティアの方がご協力頂き、15世帯41食分を届けて頂きました。

 

(ボリューム満点、栄養満点)

合わせて、フードバンクイコロさっぽろとの連携で、食品パッケージも一緒に渡すことが出来ました。
この事業には、コミュニティワーク研究実践センターの、支援団体への後方支援事業でも応援して頂いています。

 

 

 

(フードバンクイコロさっぽろの提供、食品パッケージ お米・レトルトカレー、インスタントコーヒー、菓子など)

 

 

 

ご協力いたただ来ました皆さま、ありがとうございます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA